Author: addminz | Date: 2014年11月15日 | Please Comment!

複合機をリースにすることで節税、コスト削減をめざそう。

複合機をリース購入で契約するといろんな面で節税、コスト削減につながります。

リース期間を自分で決められたらいいのですが勝手に決めることはできません。

どの資産にも耐用年数が決められていますので確認した上で複合機を決めなくてはいけませんね。

複合機の場合は、購入で考えると耐用年数は5年とされています。

リース契約では、対応年数の100分の70を下回る契約ができないので注意しなければなりません。

減価償却を考えると認められた年数でより短い期間で契約すると購入したと考えたときより多く経費として計上できますね。

利益を圧縮して計上でき節税になります。

また、コスト削減と環境に配慮する対応になってきていますので、コピー用紙をあまり使わないペーパーレス化が進んでいるものであったり、廃棄物があまり出ないようなものであったり、消費電力量を抑えられるものであったりとエコ対策が進んでいます。

無駄を省くことでオフィスの業務効率も上がり、浮いてくる費用もあります。

うまく節税コスト削減ができたらいいですね。

リースでの利点と気をつけること。

複合機のリース購入は、一般的に5~6年で期間満了になることが多いです。

最近では、長めの7年というのもあります。

5年が多い理由として複合機の法廷耐用年数と合わせやすいことが考えられますね。

精密機械ですので5年利用できれば十分機能は果たしているという考え方です。

期間満了で再リースを選択できます。

気をつけなければならないことにリース購入の場合、途中解約はできません。

違約金を支払うことで解約可能な場合もあります。

これが、大きなポイントになりますね。

複合機のリースの情報

途中解約にならないためにも約5年単位で利用していくものと決めてから利用を考えてみてもいいかもしれませんね。

契約期間中に解約できないとなると考えてしまうかもしれませんが必要になってくる代表的なOA機器ですし、あらかじめランニングコストもはっきりしているので考慮しておけばプランは立てやすいですよね。

最新機種で充実の機能と月額の支払いが全額経費として計上できる利点を利用して上手に使っていきたいですね。