挨拶で社会性を問われます。特に若年者層。

挨拶の仕方

言葉が通じるから人対人の日常生活でチェンジを獲得することが出来るのだとおもいます

人と話さないで誰にも関わらない生活や日常的に大抵なら無理な生活習慣をキープしていくとどうなるでしょうか。

自分のワールドにこもって人の話も聴かないで自分の都合だけを押しつけていくような生活と習慣の流れを確立していると挨拶が出来なくなっていきます。

町のなかですれ違ってみても目つきを悪くしたり声を変えたりして間違った態度で人を威嚇している人間を見たことがあります

実世間一般参加をせずに人と話さない人は少しばっかりずつ挨拶の力をなくしていきます。

言葉も使えないし考え方も直せない人になっていきます。

生活の質が本人の挨拶のキャパシティを左右します。

それだけ自己を中心とした挨拶の手法では誰も振り向いてくれません。

挨拶には自己中心的を持ち込まないこと:1.自己を中心にして離さない2.他の人の気味も考えて話をおこなうこと3.周囲の声もよく聞いておく4.自分の気味だけを前に出さないこうして空気の読めた挨拶を心がけます。

空気が読めないのに挨拶が出来るのは一部矛盾です。

矛盾しててもいいですので周囲の様子を見て挨拶が出来ているかどうかを見るようにしたケース自分を中心とした自己中心的な言葉遣いの挨拶がいっぱいありました。

たとえば言い訳から始まる挨拶とかです。

他には、突然不愉快をぶつける挨拶です。

本人の言葉に対する考え方が「遊び人思考」だとおもいます。

生活に対する考え方が甘かったり曖昧な箇所があると「挨拶にチェンジ」がではじめるのです。

防犯効果がある挨拶運動をしていきましょう

刑事事件が疑われる人には予兆があります。

事件性を疑うときには挨拶をします。

挨拶をして相手の人のなかに何があるかを探るのです。

心理的な手法ですが一言で分かるようになります。

行動を1つに安定させることが出来ない人は精神的に不安定になっていて、挨拶をしたり声をかけたりが出来ない有り様になります。

人を殺して逃げている段階の人や障害事案を追っている被疑者は大抵が「声がきこえ易い気味になる」といわれています。

それは、人の声がおのずと耳に入ってきたり小さな物音だとしても自分の真横で聞いたのと同じ音の大きさにきこえるところです。

他人の声のきこえ方もチェンジしてくるほどに聴覚が敏感にシステムします。

その敏感な神経が反応している有り様が「挨拶に抵抗している有り様」だと言えます。

挨拶で防犯効力を向上させる手法:町のなかで不審な人を見たら声をかけたり挨拶をしたりして相手の名前をうかがったりすること。

声をかけたり挨拶をして何をしているのかを聴き出すこと

相手の人がおかしな人かどうかを見極める目を持つことです。

挨拶だけだとしても人に対する感想や感じ方やその後の効力をチェンジさせていくことが出来ます。

自分の挨拶で相手への気味や表現の手法をかえていけるのです。

挨拶によって犯罪を抑止する防犯効力があるなら、町の人同士の挨拶習慣をもちましょう。

挨拶から得られる防犯効力は低めのかも知れませんが常々から人に挨拶をおこなう習慣を持っていれば多かれ少なかれなりとも違ってくるとおもいます。

日頃から挨拶をして誰かと会話する習慣をもっていきましょう。

挨拶の仕方
人の中で挨拶を覚えて自然体の言葉遣いを覚えましょう

人対人のなかで挨拶をしているとおのずと自分の言葉遣いがよくなってくるのが分かります。 自分が利用して …

挨拶の仕方
挨拶は日ごろの行いも表しています

根性の曲がったような気味や言葉の扱い方が身に付いている人だとしても挨拶ぐらいは丁寧に落ち着いて出来て …

挨拶の仕方
挨拶は台本を見て覚えたら性格が曲がります

日常的な会話キャパシティがない人だとしても挨拶だけはできていました。 言葉遣いがめちゃくちゃ汚い人だ …