挨拶をすることでビジネスの第一印象を勝ち取ります

挨拶の仕方

挨拶をおこなうことが不得意で生活空間や時間に第三者を寄せ付けないスタイルをキープしている若年者層が増加しています。

若年者層を中心にして挨拶をせずに言葉すら交わさないスタイルの人が就職を果たしてから会社の人や同僚と仲よく頑張っていけるのでしょうか。

と言う話を聴かされたことがありました。

日常的な言葉のやり取りが出来ないと言うのは実世間一般相互作用がないのと似ています。

世間の人たちと付き合っていきたいなら基本は挨拶からになってきます。

基本の挨拶ができてないのに誰かと仲よくするのは難しいでしょう。

挨拶の基本がなっていないはずなのに職業上の約束を取り交わすのは難しいとおもいます。

ビジネスの基本は契約を交わすだけでなくて挨拶によるインパクトをよくすることにもあります。

挨拶によって契約前の緊張感を和らげる効力を与えてくれます。

効力の他には自分の気味を相手に伝えるものです。

ビジネスの商談だけを必死になって相手に伝えても現実に商談が成立する見込みは低めのとおもいます。

強引な商談を押しつけてもゆえんがありません。

そういったときは自分の希望だけを通すことなくに相手の希望を優先的に聞いていくことがキーポイントです

その前に自分の第一感想や感じ方をよくしていくことから始めます。

急に押し切りで自分の希望だけを向けていくのは問題があるとおもいますから、相手の気味を静かに受け止めながらいきましょう。

話が始まる前に挨拶で一歩を切り出してからゆっくりと本題に入っていくような構え方がキーポイントです。

突然自分のオーダーをしないこと:(誤り例)わが社の生産品を1度に10個かってください。

初めて会った人に挨拶もなく突然この文言を言ってしまうと嫌われる見込みがあります。

挨拶は人間性を生かして続けるものです

ビジネスの初めには挨拶がつきものです

何処に居ても挨拶が出来て誰かにあっても直ぐに笑顔で受け答えが出来ることにゆえんがあります。

その日常的な行動ができていつもと同様のコミュニケーションが成立していきます。

コミュニケーションが成立していくからには挨拶と言葉遣いがあってこそです。

自分の言葉遣いや挨拶が初めに一日の流れを決めるかも知れません

つまりは、一日の生活リズムやお勤めの流れには挨拶があってこそ成り立つものだとおもいます。

挨拶があって成り立つ1日だと言うほど大きな契約や他社との予定が入っている人もいるかも知れません

挨拶だけで商談を成立させるのは難しいとおもいます。

言葉遣いとセンスがキーポイントと言う広告等をよく見るかも知れませんがお勤めをして他の人達と会って話したり顧客と対面したり取引先の人と話をしたり顧客の方の顔を見て笑顔になったりと人とのつながりがあって人の集団に入って自分の使命や職業上の葛藤を経験する日常生活があるから必要なものですのです。

私はそうおもいます

人との関わりのなかで気味や心にチェンジが起きたり刺激を受けるから挨拶もおのずと出るとおもいます。

人に自分を見せる為には必要な挨拶です

集団の輪に入って挨拶をしたケースみんなに順番に伝わっていきます。

ビジネスの為だけに挨拶をおこなうだけだったら人間性は低くなるとおもいます。

言葉と利益目当てしかない挨拶は容易に見抜かれてしまい、直ぐに破たんします。

その手法で契約を獲得したお勤めは短期間で解決されてしまいます。

つまり持たないと言うことです。

(当然の話です)人間性を生かした挨拶を目指しましょう。

挨拶の仕方
利益追求の挨拶周りは一番腹がたちます

利得追及で放つ挨拶の言葉には心がこもって無いかも知れません。 利益を探求し続ける狙いの人が口から出す …

挨拶の仕方
挨拶で社会性を問われます。特に若年者層。

言葉が通じるから人対人の日常生活でチェンジを獲得することが出来るのだとおもいます。 人と話さないで誰 …

挨拶の仕方
人の中で挨拶を覚えて自然体の言葉遣いを覚えましょう

人対人のなかで挨拶をしているとおのずと自分の言葉遣いがよくなってくるのが分かります。 自分が利用して …