冬の定番、メンズチェスターコートのおすすめブランド

メンズファッション 人気ブランド

チェスターコートは、今や冬季のオーソドックスコートになっていますね。

背広のようなテーラード色で、膝より少しばっかり上くらいの長さのコートです。

すっきりした雰囲気と、どんなものにもコーディネートィネートし易いコートですので、冬季のコートはチェスターコートばっかり着ていると言う方もおられるかも知れません

このチェスターコート19世紀にイギリスの政治家、チェスターフィールド伯爵が着ていたことから、チェスターコート、あるいはチェスターフィールドコートと言われています。

チェスターコートは、ビジネスにもカジュアルにも合わせることが出来ます。

チェスターコートの下にビジネススーツを着てもびしっと決まりますし、スーツを着ないで、ハイネックのセーターだけでもいいですし、パンツも選択しません。

デニムパンツやチノ・パンツにも合いますから、実にコーディネートィネートの幅が広がるコートです。

チェスターコートを今まで試したことがない方が初めて買入するケースは、色はネイビーかベージュにすることで、多彩ななものに合わせられるので、心配ありません

確認柄もありますが、初めての方にはちょっと難しいとおもいますので、まずは無地のネイビー、ベージュがおススメです。

チェスターコートはシンプルなデザインですので、品質の高さが目立つコートでもあるので、良いものを選択したケース言うのが鉄則かも知れません。

「マッキントッシュ フィロソフィー」はイギリスの老舗ブランド、マッキントッシュから出現したクラシカルなデザインのブランドです。

このブランドのチェスターコートは、端正ですっきりしたデザインですので、ビジネスには打って付けのコートになるでしょう。

「ラルディーニ」はイタリアの評判ファクトリーブランドです。

ラルディーニは創業が1978年で、それから30年以上、ワールドのポピュラーブランドの生産品を造り続けて来ましたが、後に自身のブランドを設立しました。

30年以上、ポピュラーブランドの生産品を丁寧に造り続けて来た縫製技芸がいかんなく発揮されたチェスターコートは、改良された美しい形と、質の高いウールを利用していて、申し分ないコートになっています。

「ビームス」のオリジナルブランド「ビームス ライツ」から出されている、「ハリス・ツイード」を使ったチェスターコートもおススメです。

ハリス・ツイードの温かみのある重厚感を兼ね備えたチェスターコートになっています。

メンズジーンズ、日本の老舗ブランド、エドウィン

エドウィンが、ニッポンの作製者であることを知らない方も沢山かも知れません。

実は、エドウィンはニッポンのジーンズ作製者の老舗と言える会社ですのです。

今は国内最大手になり、外国でも幅広く広く展開している作製者です。

エドウィンと言う社名は、DENIM(デニム)のアルファベットを並べ替えて作られた会社名で、Mはひっくり返してWにしていると言うことです。

これは自由な発想でジーンズを作って行こう、と言う意気込みが込められているやうです。

今から60年ほど前に、ニッポンに初めてジーンズが輸入されたのですが、その時代の新品はかなりごわついて、かなりはけたものではありませんでしたし、洗うとかなり縮んでしまいました。

新品でも柔らくてはき易いものを造りたいと、出現したのがエドウィンですのです。

エドウィンがまず手掛けたのが、ワンウォッシュと言うもの。

新品の生産品を一度洗って生地をソフトにし、縮むのを防ぐためのものです。

次にオールドウォッシュを開発しました。

これはまるで古着のような感じにプロセッシングするものです。

そみたいに、他にも多彩な技芸を創り出して、新品なのに古着のような感想や感じ方、はきやすものを作ってきたのがエドウィンですのです。

そして、エドウィンの代表的なジーンズと言えば、「503」でしょう。

だいぶ前に、ブラッド・ピットがぎこちないニッポン語でギターを弾きながら「503」と口ずさんだコマーシャルをおもい出される方もいるかも知れませんね。

この「503」は、2012年と2016年に2度のモデルチェンジを行って、と比べるとき易いジーンズに生まれ変わり、近年「503 グランドデニム」として評判を誇っています。

しなやかで軽いはきごこちながら、昔からのジーンズの特徴である頑丈さも兼ね備えています。

長く愛用するうちに馴染んでいくジーンズの経年チェンジも楽しむことが出来ます。

エドウィンは、評判のある主力生産品の生産は、今でもニッポンでつくることにこだわり抜いています

東北に自社工場があり、熟練した職人の方たちが、ジーンズの1本1本にこだわりをもって作っているのです。

ヨーロッパでも、エドウィンのジーンズは高い技芸で丁寧に作られているので、その品質の高さでヨーロッパでも評判ジーンズの1つとなっています。

大人の男性が持つべき高級時計とは?

大人の男性なら、時計にもこだわりを持って選択する人が沢山かも知れません。

自分の大好きな物の、高品質の時計、一生ものとしていつも自分の腕に存在する時計っていいですよね。

だからと言って、何百万円もする時計を買入する必要はありませんが、良い時計と言うのはあるくらいの額面はします。

でも、その時計が一生の友のような存在になるこというのはその通りでしょう。

おススメの時計にはどんなものがあるでしょうか。

1.グランドセイコー・・ニッポンの超ポピュラー時計作製者、セイコーから独立した高級時計のブランドです。

この時計のスペックの良さはワールド一だと言われています。

デザインは上品でシンプル、これはグランドセイコーに言わせると「最高の通常」と言う表現になります。

しかも「ありのままの使用時計の最高峰」と謳っているように、ピカ一の精度と正確性で、ビジネスで使用するには最も適している時計ですし、一生の相棒になってくれる時計です

このグランドセイコーの時計は、量産していません。

1つ1つ熟練した職人が手作業で、作っている時計ですので、出来上がるのは1日に数十個と言うことです

このスペックで値段は高くても50万円を少しばっかり超えるくらいですので、頑張れば手が届く値段と言うのも嬉しい点です。

2.IWC・・昔はインターナショナル ウォッチ カンパニーと言うブランド名でしたが、近年はIWCと言うブランド名になっています。

シンプルな美しさを持つ高精度の高級時計としてワールド中から愛されている時計です

1868年にスイスのシャフハウゼンに、米国人時計技師とスイスの時計職人が創業を開始しました。

シャフハウゼンはドイツ語圏のエリアであって、IWCはドイツ評判質を反映した作製者で、他のスイス時計に比べてきらびやかな装飾のない、むしろ質実剛健な感想や感じ方を与える時計になっています。

IWCの時計は永久保証を宣言しており、かなり前に買入した時計でもその部品や作製方法を保全しており、たとえ時計が何らかのことで壊れても修理してくれるのです。

こういった保障をしてくれる高級時計ブランドはほんの数社です。

ですので、自分の時計をちびっこに託すことも出来ることになり、まさに本当の一生ものの時計になります。

装飾にお金をかけることを良しとしない、品の高い、高精度の時計、大人の男性にはよく似合うものとなるでしょう。

メンズファッション 人気ブランド
メンズシューズのおすすめ人気ブランド

メンズスタイルは、足もとからと言っても過言ではないでしょう。 服にいくら気を利用していても、靴がよく …

メンズファッション 人気ブランド
ニットの老舗、ジョン スメドレー

冬季になったら、当然ニットですね。 それも品質の高く温かいニットなら、冬季にはオーソドックスのグッズ …

メンズファッション 人気ブランド
トレンチコートの元祖、アクアスキュータムとバーバリー

トレンチコートと言うと、ダンディな男性が渋く着ていると言う想像ですね。 着こなしていくのが難しそうな …